おまとめローンは慎重に選ぶ

金利は、おまとめローンを選ぶときのポイントになりますが、それだけに注目していてはおまとめローンをうまく活用することはできません。金利以外の要素、例えば返済方式や借入限度額、審査の早さなど、自分のニーズに沿いつつ無理なく返済していけるおまとめローンを選ぶ必要があります。何も考えずに適当に決めてしまうと、メリットを得るどころかデメリットだらけになってしまい、借金をまとめる前より状況が悪化してしまうことにもなりかねません。何よりも審査に落ちてあせることがないように、事前の準備をしっかりしておくことも重要です。

おまとめローンは銀行で借りるのが良いとされています。もともとは銀行が始めたサービスなので、ノウハウもしっかりしており、安心感や信頼性が高いことも理由のひとつです。金利の面でも有利になることが多く、利息を減らすことが容易になります。返済方式も、元金を確実に減らしていけるタイプを採用していることが多いので、返済プランをしっかり立ててあるなら、よりスムーズに返済できます。しかし、審査は厳しく、時間がかかることが多いので、急いでいる方には向いていません。

消費者金融のおまとめローンは、最高金利が銀行より高く設定されていることが多いので、借金の減額はあまり期待できないかもしれません。また銀行のカードローンはまとめることができない点にも注意です。逆に、審査は銀行よりは厳しくなく、スピーディなので急いでいても対応してもらいやすいようです。返済方式は、銀行と同じく元金が減らせるような方式を採用していますが、リボルビング払いになっているところもあるので、返済期間が延びて総返済額が増えやすい場合があります。おまとめローンはそれ自体が総量規制の対象外なので、消費者金融でも高額な融資を受けられます。

単純に見ても、銀行と消費者金融ではほぼ真逆の特徴を持っているので、何が自分にあっているか比較して調べましょう。おまとめローンを選ぶときはそれぞれの特徴をよく調べ、繰り上げ返済や一括返済の有無、返済シミュレーションがあればそれを利用して、無理なく返済していけるか、少しでも利息を減らせるかなどを確認しましょう。