美白化粧品のおすすめな成分

透き通るようなみずみずしい白い肌は、女性にとって憧れですよね。
歳を重ねるごとに、シミやソバカスなどが気になって、それを予防するために美白化粧品を買った経験のある方は多いのではないでしょうか。
最近では、多くの種類の美白効果のある成分が開発され、美白化粧品に使用されています。
これら美白効果のある成分は、どれを選ぶのが良いのでしょうか。
美白化粧品の成分で、おすすめのものをいくつか挙げてみます。
まず、コウジ酸をおすすめします。
コウジ酸は、名前の通り、味噌や醤油などの原料となる麹由来の成分です。麹を扱う職人さんの手がスベスベで透明感があることから、この成分が発見されたと言われています。天然由来の成分なので、体にも優しい点がおすすめです。
次におすすめするのが、エラグ酸です。
これは、野菜や果物に含まれている天然フェノール系物質です。肌の透明感を引き出す効果があるとされています。
これも天然由来の成分なので、おすすめです。
次におすすめするのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCが美白や抗酸化作用があることはよく知られていますが、ビタミンCは不安定で壊れやすいという欠点があります。
このビタミンC誘導体は、そんな不安定なビタミンCに安定性を持たせて、肌に吸収されやすくしたものを言います。この工程によって、ビタミンCを美白化粧品に配合することができるようになっています。
このように、美白効果のある成分はたくさんあります。
店頭のテスターなどで使用感を見極め、自分の肌に合った化粧品を選びましょう。